費 用

相談料

法律相談(面談)の料金は、30分につき5000円(税別)です。
面談後、引き続き事件処理等をご依頼いただく場合には、相談料は不要です。

当事務所では、相談は面談で行っています。電話、メールでの相談はお受けしていません(顧問契約を締結している場合は除く)。ご相談をお考えの方は、お電話にて相談日時をご予約のうえ、事務所にお越しください。


 

ご契約後
弁護士費用の種類
着手金,(成功)報酬金,手数料,日当,法律相談料,実費などがあります。

 
着手金・成功報酬
示談交渉、裁判手続などのご依頼を受けた場合、ご依頼を受けた時点でいただく料金が着手金です。着手金は事件の結果にかかわらず返金はいたしません。
成功報酬は事件終了後に、成功の程度に応じていただく料金です。着手金、成功報酬は、原則として経済的利益の額に応じて算出いたしますが、事件処理が困難であったり、事件処理に長時間を要したり、成果を経済的に評価することが困難であるなどの事案もありますので、下記以外の方法で算出する場合もあります。
ご依頼の際は、事情をよく説明してご相談ください。

弁護士費用の目安
御依頼の案件に応じて個別に算定することになります。
事件の着手金は、御依頼の案件の規模(経済的利益)を基準に,報酬金(利益があったときのみです。)は確保した経済的利益の額をそれぞれ基準として,次の目安で算定するものとしております。

経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の場合 5%+9万円 10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

手数料
書面作成、簡易な申立に対する料金です。契約書は1通10万円からですが、簡易なものであれば1通5万円から作成いたします。
遺言書作成費用は1通20万円から。元公証人の弁護士が難易度の高い遺言書も承りますのでご相談ください。(いずれも消費税別途)。当事務所は博多公証役場の上階にあり大変便利です。
 
事件処理に要した費用
事件処理に要した実費(交通費、通信費、資料収集費、申立印紙・郵券代など)は、事件結果にかかわらず、全額依頼者のご負担になります。最初に事件に応じて一定額をお預かりします。

顧問契約、かかりつけ契約のご案内
対応可能業種 企業、医療機関、官公庁
顧問契約、かかりつけ契約のメリット
1.弁護士に気軽に相談できるので、独り悩まず、早期解決につながります。
2.困ったときの最適な弁護士選びにも苦労しません。
3.顧問契約では、弁護士による問題解決までの徹底した法的支援(契約確認、内容証明の送付、警察交渉などを含む)を受けることができます。
4.かかりつけ契約は、1,2のメリットに特化した契約です。

 
顧問契約、かかりつけ契約費用の目安
事業の規模及び内容などを考慮して,依頼者との協議により取り決めます
顧問料、かかりつけ契約の費用(目安・税別)。
 

顧問料 主な内容
顧問契約(通常) 月額5~10万円 相談、徹底した法的支援
顧問契約(個人) 月額3~5万円 相談、徹底した法的支援
かかりつけ契約 月額1万円 相談