行政関係の事件

行政関係の事件とは、主に国や地方自治体が関係する事件のことを言います。この分野には行政分野ごとに定められた公法法規の適用に関する事件、私人間と同様の私法法規の適用に関する事件などがあります。
 
当事務所では、こうした行政事件につき、住民側、地方自治体・国側、それぞれの立場で経験を積んだ複数の弁護士による総合的な相談・受任体制を敷いております。
 
どのような立場からのご相談でも、
①現状分析、法律関係の調査を徹底的に行った上で、
②現状の問題点、法律の適用関係の解明、より適切であると考えられる解決方法を提案し、
③交渉支援、法的手続等の代理を含む、総合的なサポートを行っています。
 
こうした丹念な作業を積み重ねることにより、(事業などにも支障をきたしかねない)無用な紛争拡大を回避し、早期に落ち着くべき適正な状態に事態を落ち着かせることができると考えています。
 
【行政関係の事件の弁護士費用】
相談料 1時間あたり1万円(税別)
(博多駅大規模陥没事故は無料)
調査分析作業の手数料 10万円~(税別)
着手金 確保しようとする経済的利益を基準とし、5~8%(税別)
報酬金 確保された経済的利益を基準とし、10~16%(税別)
 
※ 弁護士費用は、事案の難易度によって増減しますので、事案の概要をお聞かせいただいた上で、相談者の方と協議して決定させていただきます。

HOME | 行政事件