医療機関の法的サポート

当事務所では、医療機関業前後の法的サポート、保険医療機関に対する指導・監査への対応、医療トラブル・各種クレームに対応するための法的助言、代理交渉、医療上の諸問題に関する講演・職員研修などの分野で数多くの案件にかかわってきました。
 
医事紛争・契約トラブル等を予防し、充実した保険診療を安心して行うための備えとして、当事務所との顧問契約をお勧めしています(顧問料は医療機関の規模によります。)。


医療機関が顧問弁護士をもつメリットは、日々の診療、様々な契約、雇用問題などについて、判断に迷うことがあった場合に、気軽に、お電話や、メール、ファックスなどの方法でも法律相談を受けることが出来ることです。

法律事務所が顧問先企業の状況を予め把握しており、かつ、信頼関係も構築されているからこそ、法的な助言を行うために通常は不可欠な面談等の時間を省略することが可能となるのです。  
     
万が一紛争が発生した場合にも、顧問契約をしている場合には、標準的な費用より格安な費用で事件処理をお受けしておりますし、着手金は最低限に抑え、事件終了時に清算したい、といったご希望にも柔軟に対応しています。

さらに、医事紛争・契約トラブルを回避するための予防法務にも力を入れており、医療機関の開業・拡張時などの契約サポート、安心経営のための就業規則等の見直し、トラブルを早期に察知し適切に対応する体制構築のための職員研修などに精力的に取り組んでいます。

また、医療機関と利益相反にならない限り、従業員の生活相談などのサポートも行っており、賃貸トラブル解決のための助言など、福利厚生としてもご利用いただけます。

HOME | 医療機関の法的サポート